高齢社会と老人ホーム
現在の有料老人ホーム
平均的な有料老人ホームの場合、その居室の数は大体50室程度となっています。一部屋の広さは約18平方メートルほどで、トイレの付いた個室が一般的となっています。なおリビングルームやダイニングルーム、及び機械浴を含んだ浴室施設が共用となっています。ここで紹介しているのはあくまで平均的な有料老人ホームの場合ですので、勿論有料老人ホームによって状況は異なってきます。
有料老人ホームの急増によるトラブル
2000年以降その数を急激に増やした有料老人ホームですが、増加が急激過ぎたせいか、一方で少なからぬ問題も発生しました。
入居一時金に関するトラブル
介護サービスの質に関するクレーム
事前の説明や宣伝と、有料老人ホームの実像とが異なっていて、利用者からの不興を買ったり、或いはソフトにせよハードにせよ、もともと有料老人ホームらしい体裁を為していなかった、という例もあるようです
トラブルに対しての制度
その結果こうした有料老人ホームに関する苦情が、国民生活センターに数多く寄せられるようになりました。こうした動きを受けて公正取引委員会が動き出すことになりました。
誇大広告に対する行政命令
クーリングオフ等の制度
有料老人ホームがたくさん増えることは、それ自体はいいことです。特色ある有料老人ホームが数多く登場して、有料老人ホーム利用希望者の選択肢も増えました。有料老人ホームが増えたことで、価格やサービスでの競争や差別化が見られるようになり、有料老人ホームを取り巻く環境は相対的にはよくなっていると言ってもいいでしょう。ですが先にも紹介したように、有料老人ホームが数多く増えた分、有料老人ホームに関するトラブルも数多く聞かれるようになりました
有料老人ホームのイメージ
有料老人ホーム選びは、有料老人ホームに入所する高齢者本人には勿論、その家族にとっても大きな決断を伴います。有料老人ホームは嘗ての言わば「姨捨山」に近い、暗く悲しいイメージを脱却して、健康で楽しく老後の生活を過ごす場所としての一面が強調されるようになっています。有料老人ホームに入所してからも、老後の生活はまだ長く続きます。従って有料老人ホーム選びにおいては失敗したくないものです。


Valuable information

カナダ 語学留学

最終更新日:2017/11/10


Copyright (C) 2008 高齢社会と老人ホーム. All Rights Reserved.